日本人のパラダイス!何でもあるタイ旅行の勧め!

今回、お話するのは、タイ王国に関する事です。タイ、これを書いている著者も、とても好きな国の一つです。「もし、日本が滅んだら、移住先はタイにする」って言うぐらいには、大好きな国です。

タイの魅力は色々とあると思います。「微笑みの国」と言われるぐらい、人当たりの良い国民性とか。タイ料理も本当に美味しいですよね。行った事なくても、タイ料理は大好き、って人は結構多いのではないでしょうか?

でも、一番のタイの魅力、それは「何でもある」と言う事だと思います。特に日本人に対しては。殊に、首都バンコクに限って話をすると、交通網が発達している為、移動もとても楽ですし、ショッピングもデパートから市場まで、色々なシチュエーションで様々な買い物が出来ます。そして、スパなどのリラクゼーションも充実しています。タイマッサージは安い所だと、1時間で僅か500円前後で受ける事が出来て、まさに「毎日マッサージを受ける事が出来る」事も実現可能なのですから、その為だけに行っても、この国の天国さを味わう事が出来ると思います。

そして、日本人にとっては「日本の物はほとんど何でも手に入る」と言う事も、魅力の一つではないでしょうか?日本系のデパートも数あるので、日用品も日常的に手に入ります。雑誌や書籍も、空輸の値段がかかって、少し値は張りますが、日本の発売日とほぼタイムラグを生じない状態で、手に入れる事も出来ます。ブックオフこそありませんが、色々な古書店もありますので、日本では逆に手に入らない様な貴重な本が手に入ったりもします。

それは食に関しても同じで、日本のチェーン店がバンコクには数多く進出していますので、大体のファストフードは日本と同じ味を食べる事が出来ます。特にラーメン好きな方には、その種類の多さに驚くのではないでしょうか?二郎系、家系、つけ麺、まぜそば、下手な日本の地方都市よりも、ラーメンの充実度は上だと思います。

更に特筆すべきは、現地の方が運営している日本料理屋の存在です。少しディープなジャンルかもしれませんが、カオサン通りなどのバックパッカーの人達がたくさん集まる場所などの周りにある、現地の人が経営している(大抵は、日本料理屋さんでコックの経験のある方が店主をしている事が多い様です)日本料理屋さんは、是非行ってみて欲しいです。理由は、その安さ!今時は日本の学食でも無理な300円を切る値段で、ちゃんとした定食などを食べる事が出来るんです!味も日本人が多く訪れるお店は、日本の定食屋さんとほぼ遜色ない味のクオリティを保っています。

ガイドブックを読みながら、自分の好きな場所に移動して、タイの各地を回るのは、旅の初心者でもそう難しい事ではありません。ご飯も美味しいので、毎日の食事は何を食べるのか悩んでしまうぐらい充実しているでしょう。ビーチに行けば、各種マリンスポーツや、ダイビングなどの資格を日本とはかなり格安で取得出来る。少し疲れたら、タイマッサージや少し豪華にホテルのスパ施設でリラックス。お金のある人も、無い人も、きっとこの国は旅をする人の天国である事を実感出来る筈です。

是非、まずはこの「日本人の天国」の一つ、タイから旅を始めてみてはいかがでしょう?