安易な気持ちで手を出さないで!ドラッグはやっぱり危険が一杯!

旅には楽しい事もたくさん待っていますが、危険が手招きしている事も実はたくさんあるんです。

その一つが、ドラッグです。国によっては、かなり簡単に手に入る事が出来るところもあります。特にそういうのが好きな人が集まるのが、インドやネパールです。ドラッグに対する法律や取締りなどが緩い事もあり(それでも、ドラッグ自体は両国とも違法です)、大学生で休みで旅に出ているバックパッカーの人達も、興味本位で手を出してしまう事があります。

確かに、気持ちが良くなったりして、楽しい時間もあるかもしれません。ですが、怖いのがバッドトリップです。薬が精神に悪い作用を及ぼして、気分が悪くなったり、最悪、突発的に自殺をしている人もいる程です。特に高い建物の屋上などでドラッグをする事は可能な限り避けてください。屋上から突然飛び降りたりする人もいるのです。

男性は、自己責任と言う事も言えるかもしれませんが、特に気をつけて欲しいのが女性旅行者の方々です。ドラッグで意識が酩酊しているところを、レイプなどされてしまう事件なども実際に起きています。楽しい旅を求めて海外に出て、レイプなどの事件に巻き込まれたら、とても嫌な思い出だけが残ってしまいますよね。

周りが吸っているから……と言う理由で、特に日本人はその場の雰囲気でドラッグに手を出してしまうケースが結構あります。ですが、一時の快楽や気の迷いで、もしかしたら、あなたの人生が大きく狂う可能性もあるのです。ちゃんと自分の意思で、ドラッグには「NO」を言えるようにしましょう!