海外ビーチでのんびり旅。究極のリラックス空間の楽しみ方

旅は移動である!として、ひたすら、色々なところに行くと言うスタイルの旅をしている方もいます。でも、そういう方でも、少しのんびりとした旅にしてしまう。それが、ビーチです。

沖縄を除けば、日本のビーチはあまりお世辞にも綺麗とは言い難いですよね(ちなみに、海外のビーチをたくさん見て来た旅人が、日本の沖縄の海が世界一美しい、と断言するほど、わが国の沖縄の海は美しいです)。その点、東南アジアの国々のビーチは、とことん海が青く、遠浅で、この世の楽園と見間違うほどの美しさを持つところが多々あります。

お勧めは、やはり観光大国タイのビーチです。でも、プーケットなどの、観光地化しすぎたビーチは、日本と同じ様に、若干海の汚れが目立っています。サメット島やタオ島など、そこまでポピュラーではない島へと行けば、きっとそこにはパラダイスが待っています。個人的なお勧めは、サメット島です。バンコクのエカマイと言うバスターミナルから出るバスに乗り、バンペーと言う港町まで行き、そこから船でサメット島まで行きます。サメット島は比較的現地の人のリゾート地の側面が強い為、バンコクからそこまで離れていないアクセスの良さの割に、とても綺麗なビーチを堪能出来ます。

では、ビーチで何をするのか?と、疑問に思う人もいるかもしれません。そこで提案したいのが「何もしない旅」です。ただ、ビーチに寝そべって、暑さを感じたら、海に入り体を冷やし、後はひたすらぼーっとしましょう。出来れば、スマホやタブレットの電源も全て切って、紙の文庫本でも読みながら、宿の人が作ったトロピカルドリンクでも飲んでれば、一日はゆるやかに過ぎていきます。日常や過酷な旅に疲れた心と体を、「何もしない」事で、癒してあげましょう。上手くすれば、宿に猫や犬がいる事もあります。彼らと日がな一日戯れるのも、何とも贅沢だと思いませんか?

少しビーチで気をつけて欲しいのは、インドです。実は、インドは多くのビーチで現地の人が、ビーチをトイレとして利用しています。ビーチに人の「落とし物」が点在している事も珍しくないので、ホテルのプライベートビーチなど、トイレとして利用されていない所を利用しましょう。割と「落し物」があなたの気分を台無しにする事もあると思うので。